フルーツカービング短期講習

 

大阪ベトナム友好協会では、「ベトナムカフェ」でのフルーツカービング体験などを行なってまいりました。
 
今回、そういった活動に興味を持っていただいた男性から、本場のベトナムで実際にフルーツカービングを学んでみたいとのご連絡が大阪ベトナム友好協会にあり、ベトナムのハイズオン省へフルーツカービングの短期講習に行っていただくこととなりました。
 
ご本人は日本でカービング教室をされている男性です。

「フルーツカービング講習編」と「ハイズオン生活編」の2回に分けてご本人からのベトナム現地レポートをしていただきます。

現地レポートNo.1

フルーツカービング講習編


先ずはレッスンについて報告させていただきます。

 
ハイズオンの先生の自宅で午前8時前よりレッスンが開始し、夜の9時前後まで連日続きました。
 
もちろん、途中お昼の食事15分間程、夜の食事20~30分はあります。
 
1日2~3種類のカービングを習いましたが、その中から幾つかの写真を添付します。
 
・人参のお花のブーケ……先生は生け花も教えている方なので、この様な演出も教わりました。
 
・青パパイヤでサボテンの花……他の果物や野菜でも応用できます。
 
・スイカでお花……花の花芯の中心部分が、新しい発見でした。
 
・スイカに鳳凰の模様を……最初に紙に何枚もデッサンの練習をし、スイカに挑みます。
 
・人参と青パパイヤで孔雀を……カービングナイフを駆使し、バランスも大事です。
 
・カボチャでドラゴンを……締めくくりはカボチャのドラゴンに挑戦です。東南アジアのカボチャは柔らかくて、彫りやすいです。
 
 後日、ハイズオンの様子と食事について「 ハイズオン生活編 」として報告させて頂きます。

クリックすると拡大表示されます

ベトナム航空会社様

コクヨ株式会社様

エースコック株式会社様

MCV様


あなたも参加しませんか?